HP Directplus オンラインストア

2011年03月06日

ノートパソコンでブルーレイ

最近は標準でブルーレイドライブを搭載したノートパソコンがあります。

ブルーレイドライブは単体で売られているので規格さえ合えば、マルチドライブを搭載している旧型のノートパソコンに換装可能です。

ただ、旧型のノートパソコンに搭載できたとしても、ブルーレイドライブで動画再生はほぼ確実に不可能です。
データの読み書きについては大丈夫ですが、ブルーレイドライブの動画再生は、CPUやグラフィック性能がかなり高性能ではないと視聴が困難なので、当然ながら旧型機には性能面で問題があります。

ブルーレイドライブを動画の視聴目的でドライブを交換する場合には、交換するノートパソコンの性能をよく調べておいた方が良さそうです。


posted by ノートパソコン製品情報と購入ガイド at 11:07 | ノートパソコンのパワーアップ

2008年04月26日

ThinkPad R40のCPUを交換してみる

あまり手軽とはいえませんが、ノートパソコンのパワーアップ法の一つにCPU交換という手があります。
今付いているCPUをより高クロックのものに交換することにより、パフォーマンスアップが期待できます。

但し、どのノートパソコンでもCPU交換が可能であるとは限りません。
使用中のノートパソコンのマザーボードがソケットタイプであればCPU交換ができる可能性があります。
ですので予め交換をしようと思うノートパソコンがソケットタイプなのかどうかを調べないといけません。
もちろん交換用のCPUもどこからか調達しないといけないです。

その他、CPU交換をすることによって保証期間内であっても保証が効かなくなります。

そういうことでノートパソコンのCPU交換にはメリットがある反面、デメリットもあります。

今回、ThinkPad R40のCPU交換をやってみました。クロック周波数は1.6GHzですが、celeronからPentium4に換装しました。
こちらはその様子を撮った動画です。
作業時間は十数分程度です。
*動画のタイトルがThinkPad R32となっていますが、R40の間違いです。



posted by ノートパソコン製品情報と購入ガイド at 12:37 | ノートパソコンのパワーアップ

2008年03月24日

ノートパソコンのドライブ交換

現在のところ、ノートパソコンに「マルチドライブ」はほとんど標準装備されていますが、ちょっと前の製品だとコンボドライブもしくはマルチドライブでも速度が遅いものだったりします。ノートパソコンのドライブは「スリムドライブ」と言われるタイプのもので、一応規格品となっています。ということは、取り替えがきくということです。ノートパソコンの分解作業というハードルはありますが、機種によっては意外と簡単に外せたりします。
以下は、NECのLaVieでドライブを外している動画です。
先日ドライブの交換をしたので、その作業の様子をyoutubeにアップロードしました。





posted by ノートパソコン製品情報と購入ガイド at 12:43 | ノートパソコンのパワーアップ

2007年04月05日

ノートパソコンのパフォーマンスアップを考える

車の趣味で「チューニング」という言葉があります。

チューニングとは、「改造」を指し、自分の車の足回りを交換したり、エンジンに手を加えたりしてパワーアップした車を「ちょっとチューニングしてます」と言ったりします。

でも「チューニング」とは正確には「調整」と言う意味で、パワーアップと言う意味で使うのは、ちょっとおかしいわけです。(ギターなんかの音を合わせることも「チューニング」と言いますよね)
では、この場合「チューニング」と言わずに、どういったらいいのか、それは「スープアップ」といいます。

車の持つポテンシャルを100として、その100にいかに近づけようとすることを「チューニング」、100を100以上にすることを「スープアップ」ということになるでしょうか?

ちょっと前置きが長かったですが、これをノートパソコンの場合に当てはめてみると(異論はあると思いますが)、ノートパソコンの「チューニング」とは、BIOSの設定やOSやOS上で動くソフトウェアに最適化を施して、起動を早めたりなどのパフォーマンスアップを図ることだと思います。

では、ノートパソコンの「スープアップ」は、物理的な方法でハードウェア自体をいじって、パフォーマンスをあげることではないでしょうか。

たとえば、一番手軽な方法として「メモリ増設」や「外付けの周辺機器」を増設する事が入ると思います。

さらにハードな「スープアップ」としては、「ハードディスク交換」「システムボード交換」「ドライブ交換」「液晶パネル交換」「CPU交換」などがあります。(但し、すべての機種でできるわけではありません)

でも、ここまで書いてきて、「メモリ増設」って、どちらかというと「スープアップ」というより「チューニング」の部類に近いような気がしてきました。
ま、私の勝手な意見なので、鋭いつっこみは無しと言うことでお願いします。

ただ、ノートパソコンのパフォーマンスアップで、一番手頃な方法は、やはり「メモリ増設」ではないでしょうか?
まだ、増設していない人は是非試してください。ノートパソコンが見違えるように動きます。
ところで増設の目安ですが、根拠はないのですが、経験的に現在のメモリ容量の倍にするとよい結果が出ると思います。(それ以上なら、もっとよいと思います)たとえば、256MBだったら512MB、512MBだったら1GBというようにです。

お使いのノートパソコンのメモリ容量は、XPの場合
「マイコンピュータ」のプロパティで確認できます。





posted by ノートパソコン製品情報と購入ガイド at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ノートパソコンのパワーアップ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。